子供の乳歯を虫歯菌から守る

子供の乳歯を虫歯菌から守るにはコレが必要です。永久歯につなげるための乳歯を大切にしましょう。
MENU

子供の乳歯が虫歯になりやすい理由とは

子供の乳歯は虫歯になりやすいため、親がよく管理して、
その原因を取り除いてあげないといけないのですが、多くの大人は子供の歯の特徴を知りません。

 

子供の乳歯は虫歯になりやすい要因がたくさんありますので、
わかってケアしてあげてこそちゃんと予防することができます。
たとえば、乳歯の虫歯は大人の虫歯とは異なり、わかりやすく奥歯の中央にできることはありません。

 

 

実は、歯と歯の間にできることが多いのです。

 

というのは、子供は固いものをそれほど食べず、
柔らかいものや流動食状のものをよく食べる傾向があります。

 

これらは奥歯ですりつぶす必要はあまりないので、噛めばすぐに口の中に飛び散り、
そして歯と歯の小さな隙間にも流れこんでいってしまいます。

 

そのため、歯と歯の間に汚れが付着してそのまま残りやすく、
そこで虫歯が発生しやすくなってしまうのです。
気づきにくいため、気づけば穴が開いていた、というようなこともあります。

 

また、歯の溝にも同様の理由で汚れがたまりやすいので、
それによって虫歯ができやすいというのが子供の虫歯の特徴です。

 

他にも、黒い色ではなく白い色をしていることも多く、発見や対処が遅れがちです。

 

虫歯予防に毎食後の歯磨きは難しくても、お水やお茶を飲んだりうがいをするなど、
口の中をすすぐように習慣づけてあげるのもひとつの方法です。
子供の歯の特徴をわかって、できるところからしっかりケアしてあげましょう。

虫歯菌は何歳まで予防すればいいの?

歯は一生使うもので、たとえ子供の歯だとしてもそれが虫歯になり、抜け落ちてしまうと
後々生えてくる永久歯にまで影響があるそうです。

 

私たちの歯を脅かす一番の要因はやはり虫歯。
この虫歯菌は元々口の中にあるのではなく、周囲から徐々にうつっていくものです。

 

ある話では、三歳までに虫歯菌に感染しなければ一生大丈夫という話もありますが、
これは本当なのでしょうか?
結論から言うと、「大丈夫とは言えないが、虫歯になりやすい体質になる」ようです。

 

 

■三歳は乳歯の完成時期
三歳というのがどういう時期かというと、乳歯が完成する時期です。
歯が完成するというのは、たんに生えそろうというだけではなくて、その歯の質が完全な状態になるということ。

 

特に、歯の一番表面にあるエナメル質は、人間の体で一番硬いものですが、
このエナメル質は外側にあるだけに最後に整ってきます。

 

ですから、このエナメル質がまだ出来上がらないうちには、
虫歯菌が出す酸によってこのエナメル質だけでなく歯の内側の部分が溶けやすく、
乳歯の虫歯の被害が広がりやすいのです。

 

だから、フッ素でコーティングしたり、歯みがきをしっかりすることで
虫歯菌が増える原因である歯垢を取り除くことに気を遣おうということです。
もちろん、炭酸飲料や糖分の多いお菓子類など甘い食べ物は要注意ですよ。

 

 

■三歳は口腔環境ができあがる時期
そして、もうひとつ大事なことがあります。
三歳は口腔環境が出来上がる時期と言われていて、上記の歯はもちろんのこと、
唾液の分泌や口の中の細菌のバランスなどもできあがる時期なのだそうです。

 

三歳は口腔内に常在している菌がある程度安定してくる時期であり、
この菌によって口内の体質が作られていきます。
つまり、この時点での虫歯菌の割合の大小は一生つきまとうことになります。
虫歯になりやすい、なりにくいはここまでにほぼ決まるのです。

 

だからこそ、三歳くらいまでをひとつの目安として、
虫歯菌の侵入を徹底的に注意すべきだと考えられているのですね。
ブリアン口コミ

 

 

更新履歴
このページの先頭へ